ラゲージスペース 【 ラゲージルーム 】 ラゲッジスペース / ラゲッジルーム

ラゲージスペースとは、乗用車の荷物を収納できる場所のこと。軽自動車ステーションワゴン、ライトバンなどのテールゲート(後部扉)を備える乗用車でおもに使われる言葉で、後部座席(リアシート)の後ろの空間がラゲージスペースである。テールゲートを開けて、荷物を出し入れする。

後部座席を前に押し倒せる車種の場合、後部座席を倒すことでラゲージスペースを広げることができる。乗車する人数が多いときは座席として使い、荷物が多いときは倒してラゲージスペースを広げるといった使い方が可能。テールゲート側に後部座席を倒せるレバーを備えた車もある。

8人乗りや7人乗りの乗用車の場合、3列目だけでなく2列目の後部座席を倒したり、前に移動したりして、ラゲージスペースをさらに広げられることがある。「ラゲージ(luggage)」とは、英語で「旅行鞄、手荷物」という意味。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<748>  2011.5.31更新