ヨコハマてつどうもけいフェスタ

ヨコハマ鉄道模型フェスタ

ヨコハマ鉄道模型フェスタとは、鉄道模型振興会が主催する鉄道模型の展示や鉄道グッズの販売を行うイベントのこと。横浜駅と元町中華街駅を結ぶみなとみらい21線の開業1周年を記念して、2005年2月に横浜ランドマークホールで初開催された。以降も同一会場で毎年2月に開催されている。入場料は無料。

鉄道模型の走行が可能な情景模型「パノラマレイアウト」を会場に設置し、実際に走る模型の姿を展示するほか、鉄道車両メーカーが製作する車両模型、チョロQや鉄道コレクションといった企業オリジナルのグッズを販売する。また、鉄道模型の入門用製品を操作できる体験コーナーも用意している。体験時間は1人5分までで、持込での体験は行えない。

天賞堂、カツミ、KATO、トミーテック、グリーンマックスの鉄道模型メーカー5社からなる鉄道模型振興会を中心に、鉄道会社の小田急電鉄や江ノ島電鉄、鉄道車両メーカーの日本車輌製造や総合車両製作所といった鉄道に関係する企業が共同出展している。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1154>  2015.3.21更新