モータリゼーション

モータリゼーションとは、自家用車が大衆に普及すること。モータリゼーションが進展する要因には様々なものがあるが、その中でも道路整備が前提となる。

米国では1920年代に始まった。入植に伴って道路整備が早い段階で準備されていたことに、加えてT型フォードの成功による自家用車の大量生産が可能になったことが要因となっている。ヨーロッパでは1930年代に始まった。ドイツのアウトバーンの整備もこの時期にされている。

日本では1964年の東京オリンピックに伴い、高速道路が整備された。メーカーなどが国産大衆車を発売するようになった。中でも小型で低価格のスバル360の果たした功績は大きい。

モータリゼーションの進展により、郊外にショッピングモールが建設され、衛星都市が発達する原因にもなった。一方で交通渋滞、排気ガスによる大気汚染といったデメリットもある。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<264>  2009.10.15更新