メロディーライン

メロディーライン 【 歌う道路 】 メロディーロード / 音響道路

メロディーラインとは、自動車の走行音が曲のように聞こえるように舗装された道路のこと。表面に横方向の溝が決まった間隔で設けられており、一定の速度で走行することで、タイヤの振動音が旋律を奏でて、曲のように聞こえる仕組み。

適切な速度で走行しないと曲が聞こえないため、スピードの出し過ぎを防止できるほか、ドライバーの居眠りを防止する効果もあるとされる。また、各地のメロディーラインでは、聞こえてくる曲はそれぞれ異なり、土地にちなんだ曲などが使われている。

なお、走行音による旋律は車内だけでなく沿道にも響くため、周囲の住民からの騒音の苦情により、メロディーラインが撤去されたケースもある。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1110>  2014.9.29更新