マフラー

マフラーとは、自動車やバイクの消音装置のこと。「サイレンサー」とも言う。エンジンを回転させたときに発生する排気ガスを車外へ放出する際に、一酸化炭素などの有害物質を浄化して放出しつつ、排気騒音を低減する。純正採用されているマフラーはスチール製が多く、アフターパーツ用として販売されているスポーツマフラーはアルミやチタンなどの素材が多い。

純正マフラーは、浄化、消音を両立しているマフラーが多く、排気抵抗などによりエンジンの出力を抑えるものが存在する。マフラーは自動車やバイクを購入後に付け替えることが可能であり、交換することで馬力やトルクが上がるケースがある。スポーツマフラーは純正マフラーに比べて排気抵抗が軽減されているものが多いが、排気音が大きくなるデメリットもある。

マフラーの規制は騒音問題の深刻化などにより年々厳しくなっており、1999年には排気音規制がなされた。車検時に規定値を超えた場合、公道の走行が不可能となる。また、2003年4月以降は、規定値以上のマフラーで走行すると罰金刑、懲役刑が適用されるようになった。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<923>  2012.2.20更新