ポートセールス

ポートセールスとは、港の管理者が関連企業等に自らの所有する港のメリットを説明し、船舶や貨物を誘致すること。国外的には港湾管理者が誘致目標とする国へ誘致のために説明をし、国内的には港湾管理者が都市や地元で説明をする。同時に利用者のニーズも把握して施設整備や運営の改善につなげていく。

ポートセールスは日本主要8大港で行われてきたが、近年では地方港にも広がっている。理由として、企業の物流の合理化、コスト削減、運送距離短縮によるエコへの志向や東アジア諸国の急速な発展により主要8大港以外の港の需要が高まったことがあげられる。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<320>  2009.11.25更新