ボーイングななよんなな

ボーイング747

ボーイング747とは、ボーイング社の航空機のこと。エアバスA380が登場するまでは長く世界最大の航空機だった。愛称はジャンボジェットで、ロンドン動物園のジャンボという名称の象から取っている。1969年より航空会社への引き渡しが始まり、改良を繰り返しながら2010年現在も生産が続けられている。

搭乗可能人数は仕様にもよるが、500人強となっている。外観の特徴としては機種上部に瘤があることが外観上の特徴となっている

1970年よりパンアメリカン航空がボーイング747による運行を開始したはじめた。日本航空全日空を含めた世界中の航空会社が採用する航空機となっている。派生型は100型、SP型、SR型、200型、300型、400型などさまざまなものがある。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<509>  2010.6.17更新