ホノルルセンチュリーライド

ホノルルセンチュリーライド

ホノルルセンチュリーライドとは、ハワイのオワフ島で開催される、最長約160kmのコースを自転車で走るロングライドイベントのこと。ハワイで最も歴史があり、規模の大きいサイクリングイベントであり、自転車愛好者による非営利団体「ハワイバイシクリングリーグ」が主催している。

オワフ島のワイキキをスタートおよびゴール地点として、東海岸側を北上し、途中で折り返すコースとなる。距離は約32kmまたは約40km、約80km、約120km、約160kmという5コースから選択でき、事前にどのコースを走るか申請しておく必要があるが、実際に折り返すタイミングは当日のコンディションや走行中の状況に合わせて自由に変更可能。ただし、イベント終了時刻が定められているため、時間内に完走できるように約80kmと約120kmの折り返し地点には通過時間制限が設定されている。本格的なライダーから家族連れまで幅広く参加可能なイベントであり、日本人の参加者が多いことも特徴。2014年の開催時には、全参加者1,708名中、4割を占める662名が日本からのエントリーだった。

1981年に初開催されてから毎年9月に実施されており、2015年9月で34回目の開催を迎える。参加料金は大人17,500円、子ども3,500円。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1189>  2015.7.30更新