ベトジェットエア

ベトジェットエア 【 ベトジェット航空 】 Vietjet Air

ベトジェットエアとは、ベトナムの格安航空会社(LCC)のひとつ。2011年12月に就航開始したベトナム初のLCCであり、シェアと乗客数では国営のベトナムエアラインに次いで国内2位となっている。

ベトナム最大の都市、ホーチミンと首都のハノイを中心に、国内線のほか、ベトナムとタイ、シンガポール、韓国、台湾を結ぶ国際線を運航している。また、2015年5月からはロシアのウラジオストクへの就航も予定している。すべての路線にエアバスA320機を使用し、徹底的なコストダウンを図っているほか、機内での水着ショーやウエディングを実施するなど、エンターテイメント性を特色として打ち出している。

2014年12月30日と翌2015年1月1日には、日本への初就航として関西国際空港チャーター便が運航される。路線は関西国際空港を出発し、ハノイを経由してカンボジアのシェムリアップに向かう往路と、その復路となっており、2015年冬以降の定期便の運航を目指している。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1130>  2014.12.7更新