ヘリポート

ヘリポートとは、ヘリコプターが離発着する場所のこと。空港や飛行場のほか、交通ターミナルや新聞社、救急施設などの建物の屋上にも設けられることもある。ヘリコプターは垂直に離着陸できるため、滑走路がなくても設置できるのが特長。

ヘリコプター専用の離着陸場には、公共用ヘリポートと非公共用ヘリポートがある。公共用へリポートは不特定多数のヘリコプターの離発着と運用のために設けられたヘリポートで、安全のための施設や設備が設けられており、運用時間内であれば誰でも利用できる。ヘリコプターの進入や着陸、離陸、移動の安全のため、該当空域に植物や建造物などの障害物を設置することが制限されている。

非公共用ヘリポートは特定のヘリコプターの離発着と運用のために設けられたヘリポートで、消防や警察、新聞社、ヘリコプター製造会社などが設置する。一般のヘリコプターも設置者の了解を得れば利用が可能。なお、安全な空域を設けることは法的には義務付けられていない。

また、公共用ヘリポートや非公共用ヘリポートなどの常設へリポートのほかにも、捜索や救助時に使用される防災対応離着陸場や、建物の屋上に設置される緊急離発着場などがある。

  • ICAO  【国際民間航空機関】
  • ANA  【全日本空輸】
    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<973>  2012.5.22更新