ブルネルしょう

ブルネル賞

ブルネル賞とは、鉄道関連の優れたデザインを表彰する国際的な賞のこと。世界約20カ国の鉄道デザイン担当者が集まるワトフォード会議が創設した。鉄道におけるのデザインクオリティの向上を促進し、顧客満足度や鉄道の持続性を高めることを目的としている。世界各国の鉄道車両や鉄道施設のほか、広告グラフィックや制服など、あらゆるもののデザインが対象となる。

賞の名称は、イギリスの大西部鉄道と大西部航路を設計した技術者、イザムバードキングダムブルネルにちなんでいる。1985年に大西部鉄道の開業150周年を記念して、英国鉄道の主催で第1回の表彰が行われた。日本では、1989年にJR東日本が「世界鉄道デザイン会議」を主催したことを契機にブルネル賞への参加を始め、多くの受賞実績がある。2011年には、全社的なデザインへの取り組みがもっとも優れた企業を表彰する審査員賞(Jury Prize)にJR九州が選ばれた。

  • JR  【Japan Railways】
  • JR九州  【九州旅客鉄道株式会社】
  • JR西日本  【西日本旅客鉄道株式会社】
  • JR東日本  【東日本旅客鉄道株式会社】
  • JR北海道  【北海道旅客鉄道株式会社】
    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<896>  2012.1.11更新