フランクフルトこくさいモーターショー

フランクフルト国際モーターショー

フランクフルト国際モーターショーとは、ドイツ国内外の自動車メーカーが最先端の技術を用いた自動車を発表するイベント。世界5大モーターショーの中でも最大規模を誇り、会場面積は東京モーターショーの7倍となっている。会期は2週間程度で9月にドイツのフランクフルトで行われる。1897年に初めて開催された。パリと交互に開催されており、フランクフルトは奇数年、パリは偶数年となっている。

入場者数は100万人前後。来場者は次世代車を含み最新モデルを見るだけでなく、乗用車試乗会に参加することもできる。出展社数は1000前後に上る。日本からはスズキ、トヨタ、マツダなどが出品する。ただしオイルショックや金融恐慌等の不況の影響で、出品会社の数は増減が激しい。

/
/
<262>  2009.10.14更新