フライトレコーダー 【 フライトデータレコーダー 】 FDR / Flight Data Recorder

フライトレコーダーとは、航空機の飛行情報を記録するための装置で、航空機に取り付けられているもの。航空機事故が起きた場合に、事故原因を調査するために開発されたもので、コックピットボイスレコーダーとあわせてブラックボックスとも呼ばれる。オーストラリアの科学者デビッド・ウォーレン氏によって1950年代に開発された。

事故が起きた場合に、事故現場で見つけやすくするために赤やオレンジで塗られている。ちなみにブラックボックスとは内部構造が分からないものという意味となっている。強い衝撃を受けても中のデータが破損しないようにつくられている。

フライトデータレコーダーでは、機体の動作に関する様々なデータを記録する。速度、高度、風速、風向、ラダーや操縦桿などの位置関係、エンジンの排気ガス温度、推力、エンジンオイル温度、タービン回転数、振動など約370項目にのぼる動作を数秒ごとに記録している。航空機にトラブルが発生したと推定される場合はデータ収集の回数が増加するようになっている。

フライトデータレコーダーは事故調査に用いられるほかにも、燃費効率や乗組員の行動を調査するためにも用いられることがある。近年ではフライトデータレコーダーで記録する事項を無線通信を用いて地上で記録する技術が発達してきている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<565>  2010.7.23更新