バニラエア

バニラエア

バニラエアとは、日本の格安航空会社(LCC)のひとつ。ANAホールディングス傘下のLCCで、成田空港を拠点として、国内線国際線を運航している。2013年10月に運航休止したLCCのエアアジアジャパンを前身としており、2013年11月に設立され、同年12月より運航を再開した。

エアアジアジャパンは、全日本空輸(ANA)とマレーシアのエアアジアの共同出資により設立されたが、2013年6月に両社の提携解消が発表され、ANAホールディングス100%出資によるバニラエアとして生まれ変わった。バニラエアは、リゾート向けLCCを特徴としており、国内便では札幌、沖縄、奄美大島行き、国際便では台北、ソウル行きの路線を運航している。

料金やサービスの違いにより、「コミコミバニラ」「シンプルバニラ」「わくわくバニラ」という3種類の運賃タイプを用意している。なお、ANA系列のLCCとしては、関西国際空港を拠点としたピーチアビエーションもある。

/
/
<1072>  2014.4.27更新