バスこうそくゆそうシステム

バス高速輸送システム

バス高速輸送システムとは、専用道路を利用することで、高速で豊富な輸送力を実現するバスの輸送システムのこと。「Bus Rapid Transit」を略してBRTとも呼ばれている。愛知県では、名古屋ガイドウェイバスがバス高速輸送システムとして「ゆとりーとライン」を導入しており、都市部の基幹交通システムのひとつとして運行されている。

バス専用道路を設置することにより、一般道路渋滞などの影響を受けずに正確な定時運行が可能で、運行本数の増加も簡単に行える。ほかにも、レールが必要ないことや、バス停は簡易な施設を利用できることから、鉄道よりも時間とコストを抑えて整備できるというメリットがある。

地方で廃線になった鉄道の代替として導入される場合もあり、2011年3月に発生した東日本大震災の影響で運行不能となっているJR気仙沼線などの路線においても、バス高速輸送システムの導入が検討されている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<960>  2012.4.27更新