ハーフインターチェンジ 【 ハーフIC 】

ハーフインターチェンジとは、インターチェンジとは、高速道路有料道路のように他の道路と区分された閉鎖的な道路区間と、一般の道路との出入り口のことであるが、ハーフインターチェンジとは、片方向からの入口と出口のみある構造のこと。上下線ある一方方向に対してしか乗り降りすることが出来ない。

よって、希望する方向へ降りることができない、もしくは入れない、ということもあるインターチェンジのことである。

立地条件や費用面の考慮で出口専用となっていたり、出口を作ると一般道渋滞を引き起こす場所などには、出口は作らずに入り口専用のインターチェンジを設けるなどして対策をとっている。

対義語は、フルインターチェンジ(フルインター)。

上下線に対して全て乗り降りすることができ、特にハーフインターチェンジの記載がないインターチェンジの場合には、フルインターチェンジのことである。

他に、上下線一方方向に乗るだけ、または降りるだけのクオーターインターチェンジや、上下線の一方方向の出口(または入口)が乗り降り出来ないスリークオーターインターチェンジなどもあるが、これら二つはまとめてハーフインターチェンジといわれることもある。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<62>  2008.12.29更新