ハンドサイクル 【 ハンドバイク 】

ハンドサイクルとは、手でクランクを回して走行する自転車のこと。下肢障害者の移動手段として開発された。ハンドサイクルには、車いすに取り付けるアダプター式と、より速い走りを可能にするレースタイプがある。

アダプター式は、ほぼすべてのタイプの車いすに取り付ける事が可能で、着脱して利用できるため、車いすから移乗する必要がない。レースタイプは、前輪と後輪が一体となった自転車であり、前輪が1輪で後輪が2輪のものと、前輪が2輪で後輪が1輪のものの2種類が存在する。

アダプター式は小回りがきくため、街での走行に適しており、レースタイプは重心が低いことから風圧を受けにくく、レースに適しているという特徴がある。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<872>  2011.12.20更新