ハブアンドスポークほうしき

ハブアンドスポーク方式

ハブアンドスポーク方式とは、空輸ネットワークのシステムのことで、海外から乗り入れた国際線から、ハブ空港を通じて他の国際線や国内線に乗り継ぎをするシステム。ハブ空港までは大型航空機で向かい、そこから各都市には中型、小型航空機で乗り継ぐという、ハブ空港を起点として基幹航空路を経由して旅客を移動させる運航方式となっている。

車輪の中心軸をハブ、中心軸から車輪の外側へとつないでいる沢山の棒をスポークといい、ハブとスポークがハブ空港と無数の飛行機が描く航路のイメージが似ていることから、ハブアンドスポーク方式と呼ばれる。

代表的なハブ空港としてはアメリカではシカゴオヘア国際空港、ヨーロッパではオランダのスキポール空港、ドイツのフランクフルト国際空港などがある。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<279>  2009.10.28更新