トヨタフレンド

トヨタフレンドとは、トヨタ自動車が2012年初頭に提供を開始する自動車ユーザー向けのソーシャルネットワークサービス(SNS)のこと。2012年に市販予定の電気自動車プラグインハイブリッドカーのサービスとして提供する。SNSの構築にあたって、トヨタは米国の大手IT企業、セールスフォース・ドットコムと提携し、構築には同社が提供する企業向けSNS「Chatter」の技術を用いる。

自動車の遠隔管理システムを使って、自動車と会話するようなコミュニケーションができるのがサービスの特長。電池残量が少なくなったことや走行距離が1000kmに到達したことなどをユーザーのスマートフォンに通知する。また、販売店が遠隔操作で点検を行い、結果をユーザーに通知するといったサービスが考えられている。さらに、TwitterやFacebookなどの他のソーシャルサービスと連動したり、友人と位置情報を共有できるといった機能も備える。

自動車とユーザー、販売店、トヨタという4者を結びつける新しい形のコミュニケーションが実現できるとされる。また、若者の自動車離れに歯止めをかけたいという期待も込められている。サービスを運営するのはトヨタの子会社トヨタメディアサービスで、提携の一環として同社にセールスフォース社が出資する。サービスは日本国内で開始された後、世界的に展開される予定である。

/
/
<739>  2011.5.23更新