ディーゼルしゃきせいじょうれい

ディーゼル車規制条例

ディーゼル車規制条例とは、地方自治体が定めた条例で、ディーゼル自動車による公害を防ぐために、その運行を規制した条例のこと。2003年10月に東京都らが制定したのが最初の事例となる。自動車の排気ガスの規制としては、ほかに自動車NOx・PM法がある。自動車NOx・PM法が、排出基準に適合しない車の特定の地域内での登録を規制しているのに対し、ディーゼル車規制条例では、不適合車の運行自体を規制している。

また、自動車NOx・PM法が規制の対象にしているのは、トラック、バス、ディーゼル乗用車などだが、ディーゼル車規制条例では、ディーゼルのトラックやバスを対象にしていて、乗用車は含まれない。

東京都が埼玉県や千葉県、神奈川県などと協調して施行しているディーゼル車規制条例は、とりわけディーゼル車が多く排出する粒子状物質(PM)のみを対象の排出規制物質にしている。なお、排出基準を満たさないディーゼル車でも、自治体が指定するPM減少装置を装着すれば、運行が可能となる。

首都圏の都県以外にも、兵庫県と大阪府がそれぞれ独自にディーゼル車の運行を規制する条例を定めている。ただし、PMだけでなく二酸化窒素(NOx)も規制の対象にしているなど違いがある。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<693>  2011.3.10更新