でぃーぜるきかんしゃ

ディーゼル機関車

ディーゼル機関車とは、ディーゼルエンジンを動力とする機関車のこと。電力を必要としないので線路と給油設備さえあれば運用することが可能である。ディーゼルエンジンの燃料には軽油、重油などの燃料のほかにも様々な液体燃料が使用可能で汎用性が高い。

エンジンを大型化するとガソリンエンジンより効率が良いため、大量かつ長距離の輸送手段としてディーゼル機関車が使われることが多い。欠点としては、燃焼室内が窒素過多であり、窒素酸化物が発生しやすいことが挙げられる。

現在、ディーゼル機関車が牽引する定期旅客列車としては、JR北海道線の「北斗星」、「カシオペア」、「トワイライトエクスプレス」、「はまなす」などが運行されている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<846>  2011.12.6更新