チャイルドシート

チャイルドシートとは、乳幼児を自動車に乗せる際、安全を確保し、事故被害から守るため、からだを座席に固定させる装置のこと。幼児用補助乗車装置といわれることもある。

自動車に標準装備されているシートベルトは、大人の体格に合わせて作られているため乳幼児の小さい体型ではしっかりと固定することが難しい。

そこで、子どもに合わせて作られた専用シートであるチャイルドシートが必要となった。

2000年4月から、新生児から6歳未満の子どもを乗車させる際にはチャイルドシートの着用が道路交通法で義務付けられている。

それも、国土交通省が定めた日本の型式基準に適合したチャイルドシートか、ヨーロッパの安全基準を満たしたものである必要があり、適合しているものには型式指定マークがついている。

型式指定マークには旧基準と新基準の2種類があり、新基準ではより厳しい試験が行われている。チャイルドシートにも種類があり、年齢や身長、体重で区分することができる。

区分基準はメーカーや製品により異なるが、大きく分けて4つあり、1歳ごろまで使用できる乳児用シート(ベビーシート)、4歳ごろまで使用できる乳児・幼児兼用シート(主にチャイルドシートといわれるもの)、1歳から11歳ごろまで使用できる幼児・学童兼用シート(チャイルドシート、またはジュニアシートといわれるもの)、4歳から10歳ごろまで使用できる学童用シート(ジュニアシート)などがある。首がすわっていない乳児期には寝かせるような姿勢で乗せ、後ろ向きに使用するシートタイプと、横向きに使用するベッドタイプがある。

ジュニアシートでは、おしりの位置を高くすることで、大人用のシートベルトが、正しい位置にかけられるようになる。チャイルドシートの着用違反(未着用など)で取締りを受けた場合、違反点数は1点で反則金などは無い。

ただし、路線バスやタクシーに乗車する場合や、股関節脱臼やアトピー性皮膚炎など療養上適当でない乳幼児、授乳中など、着用免除の場合もある。

また6歳以上の子どもには、大人と同様に三点式(後部座席では二点式も)のシートベルトか、ジュニアシートの着用が義務付けられている。

/
/
<108>  2009.2.6更新