チャイナエアライン

チャイナエアラインとは、台湾の航空会社で、台湾国内のほか、日本を始めとするアジアやヨーロッパ、アメリカ、カナダ、オセアニアに就航している。1959年に台北で設立された。本社所在地は中華民国台湾省桃園縣大園郷埔心村。約30カ国、およそ100の都市を結ぶ台湾最大、アジアトップクラスの航空会社のひとつである。

数年に一度、事故を起こしており、約4年の間隔であることから「華航四年大限」と表現されることがある。最近の事故では2007年8月20日に台北発の那覇行きのボーイング737-800型機が、目的地の那覇空港に到着した直後に爆発、炎上した。死者は出なかったが、台湾のライバル航空会社、エバー航空の事故の少なさと比較されるなど、「華航四年大限」のイメージを強くする出来事となった。

Webサイトでは予約サービスのほか、E-チェックインや、機内免税品の事前購入予約などのサービスを、日本語、中国語、韓国語、英語、ドイツ語、イタリア語、フランス語、オランダ語、タイ語など9カ国語で行っている。

中国の航空会社に「エアチャイナ」があり、運航地域の類似や名称が似ているという理由で混同されることがあるが、「エアチャイナ」はチャイナエアラインとは別の会社である。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<865>  2011.12.20更新