ソラシドエアSolaseed Air

ソラシドエアとは、スカイネットアジア航空が2011年7月から導入する新ブランドのこと。「ソラシド エア」というブランド名で航空機が運航され、ロゴマークも白とピスタチオグリーンを基調とした新ブランドのものを使用する。航空機のデザインも白とピスタチオグリーンのデザインに変更される。

ブランド名の「ソラシド(Solaseed)」は、日本語の「空」と「種」を意味する英語の「シード(seed)」を組み合わせた造語。「空から笑顔の種をまく」という意味が込められている。また、音階の「ドレミファソラシド」にもかかっており、飛躍する様子を表現している。

宮崎県宮崎市に本社を置くスカイネットアジア航空は、九州を中心に就航しており、九州での知名度は高い。しかし、首都圏での知名度が低いため、それを改善する目的で新ブランドを導入することとなった。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<732>  2011.5.12更新