スーパーちゅうすうこうわん

スーパー中枢港湾 【 指定特定重要港湾 】

スーパー中枢港湾とは、大型コンテナ船ターミナルとなるために、日本が国家予算を集中して投資する港湾のこと。2004年5月に国土交通省により、東京港、横浜港、名古屋港、四日市港、大阪港、神戸港の6港湾が指定されている。

スーパー中枢港湾では、官民一体でIT化やコンテナターミナルの整備、物流システムの革新などの施策を推進している。このような政策がとられた背景には、アジア主要港の規模が拡大し、サービスの向上やコストの削減を推進する中で、日本のコンテナ港湾の国際競争力が相対的に低下していることがある。今後も大型コンテナ船が投入される基幹航路のネットワークを維持していくために、特定の港湾を指定して公共事業費を集中して投資し、港湾の国際競争力を取り戻すことが目的となっている。

また、具体的な目標としては港湾コストの削減、コンテナ本船が入港してから貨物の引き取りが可能となるまでの時間であるリードタイムの削減が掲げられている。

/
/
<53>  2008.9.3更新