スロットル

スロットルとは、エンジンへの空気量を調整する弁のこと。アクセルとスロットルはワイヤでつながっており、アクセルの踏み加減を調整してスロットルを操作することで、エンジンに送る空気量を調節し、エンジンの出力を加減する。エンジンへ送る空気量によって、ガソリンが燃焼する量が左右され、エンジン出力の加減ができるようになっている。

近年自動車ではアクセルとスロットルの間を電子制御スロットルシステムでつなぎ、スロットルの開き具合を電子的に制御する方法が取り入れられている。電子制御スロットルシステムではドライバーによるアクセルの踏む角度をセンサーが取得して、エンジンコントロールユニット(ECU)が電気的に処理し、スロットルモーターを動作させ、スロットルの開閉をする仕組みになっている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<421>  2010.2.16更新