スマートアイシー

スマートIC 【 スマートインターチェンジ 】

スマートICとは、高速道路の本線やサービスエリア(SA)、パーキングエリア(PA)、バスストップ(BS)から乗り降りができるように設置されるインターチェンジであり、通行可能な車両(料金の支払い方法)を、ETCを搭載した車両に限定しているインターチェンジのこと。

インターチェンジとは、高速道路や有料道路のように他の道路と区分された閉鎖的な道路区間と、他の道路との出入り口のことである。

通行できる自動車をETC搭載車両に限定しているため、料金徴収員が不要であるなど建設・管理コストの削減ができる一方、スマートインターチェンジ付近の地域生活の充実、地域経済の活性化を推進することもできるというメリットがある。

高速道路との接続箇所が、サービスエリア・パーキングエリア又はバスストップであるSA.PA型や、高速道路本線へ直接アクセス路を接続させる本線直結型などがある。

通行する際には、必ずETCカードをETC車載器に挿入していることが必要である。

また、利用可能時間帯、利用可能出入方向、対象車種など、利用条件があるので通行する際には確認が必要である。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<61>  2008.12.29更新