スマートコミュニティ

スマートコミュニティ

スマートコミュニティとは、IT技術を活用し、交通、電気、ガスなどのインフラや、医療、情報管理などのサービスを最適に運用するコミュニティのこと。

次世代型送配電網であるスマートグリッドを利用することで、住宅やビルなどのエネルギー効率を最適化し、省エネが実現される。また、太陽光発電や燃料電池、次世代自動車のインフラを整備し、再生可能エネルギーを積極的に利用することにより、地球温暖化などの環境問題を解決するための取り組みを行われる。

日本では、福岡県北九州市や愛知県豊田市、神奈川県横浜市などでスマートコミュニティの実証実験が行われている。また、スマートコミュニティを推進する団体として、2010年にスマートコミュニティアライアンス(JSCA)が設立され、300以上の企業や地方公共団体などが参画している。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1061>  2014.2.23更新