スペアタイヤ 【 応急用タイヤ 】

スペアタイヤとは、タイヤのパンクなどの緊急時に備えて自動車に取り付けてある臨時用タイヤ。トランクや車体の下などに設置されている。

使用しているタイヤと同様のタイヤが備え付けられていることもあるが、標準タイヤより空気圧が高く直径や幅がやや小さいタイヤが備えられていることもある。直径や幅が小さいスペアタイヤを特にテンパータイヤという。テンパータイヤを装着した場合は、応急用のタイヤであるため、時速100qを超える速度で走ったり、長時間走行をしてはいけない。

タイヤのパンクに備えて、普段からスペアタイヤの空気圧も点検することが望ましい。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<315>  2009.11.19更新