スピードリミッター 【 速度抑制装置 】

スピードリミッターとは、自動車の一部で、エンジンの超回転を防止し、スピードを制限するために許容回転数を越えるとそれ以上回らないように点火系または燃料系をカットする安全装置のこと。コンピューターが自動的に制御し、スピードリミッターが効いた場合にはアクセルを踏んでも加速しない。国産普通乗用車では、180km/hに設定されている。

2003年9月より大型トラック(車輌総重量8トン以上又は最大積載量5トン以上)の新車には、速度を90q/h以下に制限するスピードリミッターの装着が義務付けられており、使用過程車は順次、初度登録年月日によって3年間で装着義務化となっている。

ただし、全日本トラック協会は警察庁に対して法定最高速度100km/hへの引き上げを要望しており、その要望が実現した場合には、速度抑制装置の制限速度の引き上げが検討される。

スピードリミッターは、事故防止や環境負荷の低減を目的に装着されているが、スピードリミッターの解除(スピードリミッターカット)をする装置も販売されている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<126>  2009.2.19更新