スターフライヤーSTARFLYER SFJ

スターフライヤーとは、日本の新興航空会社のひとつ。新興航空会社とは1990年代の航空業界の規制緩和によって、日本に生まれた航空会社で、スターフライヤーは2002年に日本で4番目の新興航空会社として設立された。IATA航空会社コードは7G、ICAO航空会社コードはSFJ。

スターフライヤーは、2006年に北九州空港〜羽田空港間、2007年に羽田空港〜関西国際空港間で運航を開始している。2010年時点で就航地を3都市、保有している航空機は4機となっている。

2007年に全日本空輸と業務提携し、コードシェア運航を開始している

スターフライヤーはトータルデザインは黒で、機内、チェックインカウンター、グッズなど至るところに黒が配色されており、2006年にはグッドデザイン賞を受賞している。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<392>  2010.1.22更新