スカイネットアジアくうこう

スカイネットアジア航空SNA Skynet Asia Airways / SNJ

スカイネットアジア航空とは、日本の新興航空会社のひとつ。新興航空会社とは1990年代の航空業界の規制緩和によって、日本に生まれた航空会社で、スカイネットアジア航空は1997年に日本で3番目の新興航空会社として設立された。IATA航空会社コードは6J、ICAO航空会社コードはSNJ。

スカイネットアジア航空は、2002年に宮崎空港〜羽田空港間で運航を開始したのを皮切りに、路線を増設し、2010年時点で九州を中心に就航地を5都市、保有している航空機は7機となっている。

低価格の運賃で搭乗率を高め、当初成功していたが、既存の航空会社の巻き返しにあい、搭乗率が下がるなどして、経営は苦しくなり2004年に産業再生機構からの経営支援を受けるに至った。さらに全日本空輸と業務提携し、全日本空輸とのコードシェア便を持つといった措置をとり、業務改善に取り組んだ。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<391>  2010.1.22更新