スカイツリートレイン

スカイツリートレインとは、浅草から大宮、太田、新栃木、鬼怒川温泉間を運行する東武鉄道の臨時特急列車のこと。コンセプトは、「沿線からスカイツリーへ」、「スカイツリーから日光、鬼怒川へ」。6050型車両をリニューアルした新型車両は、東京スカイツリーの高さにちなんで634型と名付けられた。車両デザインは2種類存在し、それぞれ白地に青空と朝焼けをイメージしたものとなっている。

座席は「シングル」、「ツイン」、「ペアスイート」があり、屋根から回り込む展望窓が設置されている。ほかにも、前面に広がる景色を楽しめる「前面展望スペース」が用意されており、東京スカイツリーや観光地など、様々な風景が楽しめる展望列車となっている。また、カラオケなどのレクリエーション設備や座って話せるサロンなどもあり、長旅を飽きさせない作りとなっている。

運行は、2012年12月からの土日祝となるが、運行ダイヤは土日で異なり、祝日は土日いずれかの運行ダイヤが適用される。また、2012年12月3日以降は平日の貸し切り運行も行われる。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1015>  2012.11.15更新