コードシェアびん

コードシェア便 【 共同運航便 】

コードシェア便とは、ひとつの航空便を他社の航空会社と共有する便のこと。ひとつの航空便に複数の便名が付くことになる。コードシェア便によって、運航効率を向上させると同時に、座席の販売強化にもつなげるという狙いがある。

コードシェア便では、機体、乗務員、サービスなどが実際に運航する会社のものとなるので、例えば日本の航空会社の航空便でも、他国の航空会社が運航するコードシェア便であれば、日本語のサービスを受けられないことになる。また、搭乗受付や荷物受取が利用した航空会社ではなく、コードシェア便で運航した会社のものとなるので、注意が必要となる。マイレージに関しては申し込んだ航空会社のものが適用される

航空連合を組んでいる航空会社同士でコードシェア便が運航される以外にも、連合加盟前にコードシェアしていた航空会社と、継続してコードシェア便を運航しているケースもある。例えばワンワールドに所属しているJALは、スカイチームのエールフランスともコードシェア便を運航している。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<340>  2009.12.9更新