コンテナせん

コンテナ船

コンテナ船とは、コンテナと呼ばれる一定規格の箱を積んで航海する貨物船のこと。衣類、電気製品、生活雑貨、危険物まで多種多様な物を収納して運ぶことができる。コンテナはトラックや鉄道にそのまま積み替えることができるため、シャーシつきのトレーラーにそのまま接続することができ、陸地での運搬も円滑にできるようになっている。

コンテナは幅8フィート(約2.4メートル)、高さ8.6/9.6フィート(約2.6/2.9メートル)、長さ20/40/45フィート(約6.0/12.1/13.7メートル)の鉄製の直方体となっている。天井部がないオープントップコンテナ、冷凍および冷蔵品を収納するリーファーコンテナ、液体を扱うタンクコンテナ、重機などの特殊荷物を扱うフラットラックコンテナ、穀物などを扱うバルクコンテナなど種類がある。

コンテナ船はコンテナターミナルに寄港する。コンテナターミナルにはコンテナの荷積みをするクレーンが設置されており、コンテナ船にはクレーンが設置されていないこともあり、速い速度で航海することができる。船の内部に隙間なくコンテナを積んだ上に、さらにコンテナを積むことができるようになっている。

/
/
<641>  2010.10.2更新