コスタコンコルディア

コスタコンコルディアとは、地中海を航海する客船のひとつ。イタリアのコスタクルーズ社が所有しており、全長290m、客室数1430室、巡航速度23ノット、総トン数11万2000トンの豪華大型客船である。2006年7月に運航が開始された。

エステ会社と提携しており、船内にはフィットネスセンターやジム、エステ、サウナ、スチームルームの設備がある。また、6ヵ所のレストラン、13ヵ所のバー、3ヵ所のスイミングプール、5ヵ所のジャグジーのほか、大型シアターやカジノ、ディスコなどの豊富な娯楽設備も備えている。

客室は「サムサラスイート」、「グランドスイート」、「スイート」、「ミニスイート」に加えて、海側、内側の「バルコニー」で構成され、バルコニー部屋は海側の方が広い。スイートまでの各部屋には、バスタブとジャグジーが設置されている。

2012年1月13日に地中海を航行中にイタリア中部のジリオ島沖で座礁し、船体が横倒しになった。乗客、乗員数は4200人余りとされ、死者、行方不明者が多数発生した。

      <$Rel2>
      <$Rel3>
    /
    /
    <926>  2012.2.27更新