グランクラス

グランクラス

グランクラスとは、東北新幹線北陸新幹線に導入されているグリーン車よりも上位の車両のこと。新幹線における最上級の座席を用意した車両であり、飛行機のファーストクラスに相当する。「グラン」とは、フランス語で「大きい」という意味であり、高級感やゆとりある様を表現して名付けられた。

1両の定員が18人であるため、1人あたりのスペースが広く、収納式のテーブルや読書灯、電源コンセントといった設備も充実している。また、グランクラス専任アテンダントが常駐してサービスを行うほか、アルコールやソフトドリンクが飲み放題で、和と洋から選べる軽食も提供される。2011年3月に東北新幹線の「はやぶさ」で初めてグランクラスが導入された。現在では、東北新幹線の「はやぶさ」「はやて」「やまびこ」「なすの」、北陸新幹線の「かがやき」「はくたか」「あさま」において、各1両ずつグランクラスが用意されている。

利用料金は列車や乗車区間によって異なる。例えば、大人1名で東京駅から金沢駅まで「かがやき」に乗車する際、グリーン車を利用すると18,750円であるのに対し、グランクラスを利用すると26,970円になる。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1165>  2015.4.20更新