カシオペア 【 寝台特急カシオペア 】

カシオペアとは、上野駅-札幌駅間で運行されている寝台特急のひとつ。1999年7月16日に運転を開始した。車両はE26系で12両編成、最高速度は時速110km。日本で初めてのオールA寝台個室、2階建ての車両となっている。同区間を運行する寝台特急に「北斗星」がある。

客室の「カシオペアスイート」は展望台タイプとメゾネットタイプの2種類があり、料金が1人46,360円と高額にも関わらず、人気のためチケットを購入するのが困難である。客室内シャワールームは、このスイートタイプと「カシオペアデラックス」のみ設置されており、車椅子にも対応している。「カシオペアコンバート」と「カシオペアツイン」は、共同シャワールームでの入浴となる。

全室にウェルカムドリンクが配られるサービスがある。また、スイート、デラックスには、ウイスキー、ワイン、ソフトドリンク、ミネラルウォーター、氷がセットになったミニバーセットが特別に配られる。

ダイニング車では、フランス料理や懐石料理を予約制で食事できる。なお、ディナータイム終了後のパブタイムは予約なしでも利用でき、禁煙も解除される。朝食もパブタイム同様に予約不要で、6時半から利用できる。食事はダイニング車以外でのサービス以外に、客室向けの「カシオペアスペシャル弁当」のデリバリーも行われている。

  • 運賃
  • BS  【BAF】
  • CS  【CAF】
  • JR  【Japan Railways】
    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<867>  2011.12.20更新