カイゼン

カイゼンとは、主に製造業で工場の作業者が中心となり、知恵を出し合って行われる作業の見直し活動のこと。工場内における不満な点や、失敗の原因となっている事柄などが見直される。そのことにより生産性の向上が目指される。会社から指示されるのではなく、ボトムアップ式で現場の声を拾い上げていく点に特徴がある。一般に、QC(Quality Control、品質管理)サークルと呼ばれる小さなグループによって、研究や改善活動の提案などが行われている。企業側も提案への表彰や発表会の開催などにより、その活動を支援している。これらの活動で作業者のモチベーションが高まり、継続的な作業の見直し活動が行われることが期待できる。また、この概念は海外においても「kaizen」という名前で普及している。特に日本のトヨタ自動車のカイゼンは有名で、トヨタ生産方式の強みの一つとされている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<41>  2008.6.11更新