エコトレインみらいのゆめまちごう

エコトレイン未来のゆめ・まち号

エコトレイン未来のゆめ・まち号とは、阪急電鉄が2008年12月〜2009年7月まで神戸線、宝塚線、京都線の3路線で運行した列車。半球阪神ホールディンググループで推進している社会貢献活動の一環として、NPO法人環境市民の企画監修をうけて実施された。

先頭車両には山や川のイラストが施され、車内には温暖化防止のポスターやステッカーがはられ、環境やエコへの関心を高める試みがなされており、この取り組みにより阪急電鉄は第11回グリーン購入大賞を受賞している。

グリーン購入大賞は民間団体グリーン購入ネットワークが主催、環境庁、経済産業長、読売新聞社などが後援し、環境保全に取り組む企業や団体に与えられるものになっている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<286>  2009.10.23更新