エコタクシーのりば

エコタクシー乗り場

エコタクシー乗り場とは、電気自動車やハイブリット車を用いたタクシーである「エコタクシー」専用の乗り場のこと。エコタクシーのみが利用でき、ガソリン車のタクシーや乗用車などは利用できない。乗り場によっては、タクシーの待機スペースに電気自動車用の充電設備を備えている。

大阪府大阪市のJR大阪駅の北側で、2011年5月に国内で初めてエコタクシー乗り場の運用が開始された。乗り場は、ノースゲートビルディングの2階にあるJR大阪三越伊勢丹の出入口に面しており、雨の日でも濡れずにタクシーに乗り込める。40台のエコタクシーが待機できるが、乗り入れられるのは一定の条件を満たし、業界団体が認めた70台に限られる。

乗り場が利用できるのは、午前7時から翌日の午前1時20分まで。今後、待機スペースには、約30分で容量の8割を充電できる電気自動車専用の急速充電設備が設置される予定である。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<741>  2011.5.25更新