エキゾーストマニホールド

エキゾーストマニホールドとは、エンジンの各シリンダーから出た排気ガスをまとめ、大気中に放出するための部品のこと。エンジンがガソリンを燃やして排気した際に、最初に通過する部分でもある。排気ガスをマフラーやタービンに導く集合管であり、排気マニホールド、タコ足とも呼ばれる。

各シリンダーからの排気ガスの流れを整え、排気効率を高めることで振動や騒音を防ぐ効果もある。また、管が集合するまでの長さや太さ、曲がり具合、集合の形態などによりエンジンパワーやトルク特性も変化する。

一般的な市販車では、コストや生産効率が優先され、重い鋳鉄のエキゾーストマニホールドが採用されることが多いが、チューニングパーツであるステンレス製のものに交換すると軽量化が可能。ほかにも、高回転に適した太いエキゾーストマニホールドや、排気効率を高めたエキゾーストマニホールドなど、色々なタイプがチューニングパーツとして販売されている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<953>  2012.4.16更新