エアプサン

エアプサンとは、韓国の格安航空会社のひとつ。釜山広域市にある「金海国際空港」をおもな拠点として、国内線に加えて日本などへの国際線も運航している。韓国第2位の航空会社、アシアナ航空が全株式の40%以上を保有していて筆頭株主となっている。また、両社はコードシェア便での提携も行っている。

2007年に、アシアナ航空のほか、釜山市や同市の主要企業らの出資により「釜山国際航空」として設立され、2008年10月から運航を開始した。同年に社名を現在の「エアプサン」に変更した。

低価格を実現するために、様々なコスト削減に取り組んでおり、座席はすべてエコノミークラスのみとなっている。しかし、便によっては機内食やビールを含む飲み物が無料で提供されることがあるなど、サービスも充実している。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<737>  2011.5.19更新