エアバスエーさんびゃくさんじゅうネオ

エアバスA330neo

エアバスA330neoとは、エアバス社が開発したジェット旅客機のひとつ。エアバスA330の派生機であり、「A330-800neo」「A330-900neo」の2機種がある。エンジンには、ロールスロイス社製の新型エンジン「トレント7000」を採用している。2014年7月に発表され、2017年に初号機の引き渡しが行われる予定。

エアバスA330では、エンジンをロールスロイス社製「トレント700」を含む3種類から選択できたが、A330neoのエンジンは1社独占でトレント7000のみが採用される。トレント7000は、従来のトレント700と比べて燃料消費率を約10%向上させたほか、静粛性も高められている。また、航続距離も400海里(約740km)延ばしている。

標準座席数は、A330-800neoが252席、A330-900neoが310席。18インチ幅のシートを採用し、機内エンターテイメント設備やインターネット通信環境も完備している。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1098>  2014.7.21更新