イオカード

イオカードとは、JR東日本で使用できた、磁気式ストアードフェアカード(プリペイドカード)のこと。1991年から発売され、イオカードが登場したことにより、鉄道各社でこのようなストアードフェアカードの導入が進んだ。

2001年に発売された非接触ICのストアードフェアカード(電子式プリペイドカード)であるSuicaイオカードが発売されたことから、磁気式のイオカードの発売数が減少し、2005年3月31日をもって発売終了、自動改札機での利用も 2006年終了に至っている。

現在も、券売機や精算機では使用可能であり、残額のあるイオカードは、みどりの窓口で現金で払い戻しも可能である。イオカードは、駅に入った時点であらかじめ初乗り運賃相当額が引かれ、降りる駅で初乗り運賃と利用区間の運賃との差額が引かれる前引き方式を採用していたが、イオカード自体に他社線連絡の機能はなかった。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<258>  2009.10.9更新