アトランティスAtlantis

アトランティスとは、NASA(米国航空宇宙局)が所有するスペースシャトルのオービタ(軌道船)のひとつで、4番目に建造されたもの。オービタとはスペースシャトルの本体部分にあたるもので、宇宙空間で活動した後に乗員を乗せて地球に帰還し、再びスペースシャトルとして打ち上げられる。NASAが使用したオービタは5機あり、事故で失われた2機を除く3機が現存している。

アトランティスは、1985年10月3日にミッション名「STS-51-J」で初めて打ち上げられた。その後、25年間で計32回の飛行を行なっている。2011年7月8日にミッション名「STS-135」として最後の打ち上げが行われる予定である。なお、この打ち上げがNASAのスペースシャトル計画の最後のミッションとなっている。

  • JAXA  【宇宙航空研究開発機構】
    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<755>  2011.6.30更新