アスファルト

アスファルトとは、原油から採取される粘着性のある物質。道路歩道の舗装に用いられる。

高温に熱したアスファルトに砂や砕石を混ぜたアスファルト混合物で道路を舗装する。日本の道路のうち、およそ95%がアスファルト舗装になっている。他の舗装方法としてはコンクリート舗装がある。アスファルト舗装はコンクリート舗装と比べてコストも安く、修繕も容易にできることから普及が進んだ。また、自動車の走りやすさもコンクリート舗装をしのぐ。寿命はおよそ10年で、コンクリート舗装に比べれば短い。リサイクル法によって、修繕時に切り取ったアスファルト混合物はリサイクルが義務付けられており、リサイクル率は99%に達している。

アスファルトの歴史は古く、メソポタミア文明で石材の接着剤、道路の建設に用いられり、エジプト文明でミイラ作りに利用されたりしていた。

  • 車検  【自動車検査登録制度】
    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<196>  2009.8.18更新