やきとりれっしゃ

やきとり列車

やきとり列車とは、沿線観光を組み込んだJR美祢線のイベント列車のこと。使用車両はキハ40系の2両編成で、2010年7月の集中豪雨により1年以上、不通となっていたJR美祢線の運転再開に合わせ、利用促進を図る目的で沿線観光を組み込んだイベント列車が企画された。考案はJTB中国四国、山口支店のスタッフによるものであり、2012年の「鉄旅オブザイヤー」のグランプリを受賞した。

正式な企画タイトルは「長州黒かしわを味わう!長門湯本温泉or俵山温泉に泊まる!貸切やきとり列車の旅2日間」であり、ツアー中に列車に乗るのは1日目だけとなっていた。企画自体は2012年の7月から8月にかけ、2回ほど実施された。

旅行スケジュールは1日目に新山口駅を出発し、厚狭駅、美祢駅、長門湯本駅、長門市駅を経由し、終点の仙崎駅で下車した後、観光して長門市で1泊となる。なお、宿泊地は湯本温泉、俵山温泉のいずれかとなっている。2日目は湯本温泉、俵山温泉発の貸切バスにて観光した後、新山口駅で解散となる。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1032>  2013.3.4更新