みずほ

みずほとは、2011年3月に新大阪〜鹿児島中央駅間で開通する九州新幹線のうち、停車駅が少なく、最も所要時間が短い列車の名称。みずほよりも停車駅が多くい九州新幹線に「さくら」がある。みずほの停車駅は新大阪、新神戸、岡山、広島、小倉、博多、熊本、新鹿児島となっており、新大阪〜鹿児島間を3時間45分で結ぶ。みずほおよびさくらはN700系の車両をベースとした新型車両となっている。

みずほという名称は、過去に東京と熊本や長崎を結んだ寝台列車の名称として用いられていたが、廃止されている。かつての寝台列車が新幹線の名称になることに違和感があるとする意見もあったが、みずほという名称に決まった。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<653>  2010.10.21更新