ふくしまスカイパーク

ふくしまスカイパークとは、福島県福島市にある農道離着陸場であり、おもに小型飛行機やヘリコプターの離着陸と訓練に用いられる。1998年に、農産物を飛行機で輸送するための離着陸場として開場したが、現在では農産物の輸送目的ではほとんど使われていない。代わりに、県警航空機隊や県消防防災航空機隊が訓練場として利用している。また、テレビドラマの撮影に用いられたり、航空ショーなどのイベントが開催されることもある。

名称に「パーク」と付くが、公園法で定められた公園ではなく、監視職員は配置されていない。また、場外離着陸場という空港の一種であるが、航空燃料は備蓄していない。2006年より、福島市から委託を受ける形で、特定非営利活動法人ふくしま飛行協会が管理を行なっている。ふくしまスカイパークを離着陸で利用する場合は、利用の3日前までに使用許可申請書と第三者損害賠償保険の写しを郵送かFAXで提出する必要がある。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<728>  2011.5.7更新